熊本の災害にあわれた皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

まずは、この子達のこれまでの経緯
こちらの高野代表のブログに
書かれております。


~命を繋いだMGRエディママの一言~

災害にあって行き場のないセッターが
いるけれど受け入れできないか?と
と連絡が入りました。

現在、こちらのシェルターは
秋の更新ができるかどうかの瀬戸際。

シェルター維持のためには
頭数制限をしながらの
綱渡りの活動ゆえ
どうなんだろう…不安は消えず。

そんな弱気発言を一蹴する
強気なMGR❗

「何のために活動してるのか‼️」と😅

命ギリギリ助かった犬たちの
幸せを未来を一番先に考えろと
いやーそうなんだけど…

綱渡りは今始まったことではない
頑張ればなんとかなる❗と。

熊本の高野代表にご連絡しました。

なんと!CACI卒業犬ファミリーも
高野代表にご連絡してくださっていて
1頭はコニーファミリーに。

そのままコニー家直行!
その方が犬のため。
あとはゆっくりできますから。
20200808_200650

お土産までいただき、遠路はるばる
御迎えに来てくださり
本当にありがとうございました。
最高の幸せ掴みました❗💖



そして2頭はCACIにと
やって来ることになりました。

20200808_200857

帰りが遅くなるため
数日前から打ち合わせ。

ケージから何から
仲間が準備してくれて
ケンさんと私は羽田へ2時間も前に
到着😁

こちらから動画を。




どんなにか不安だったろう…
その姿を決して見過ごさず
明日への申し送りのデータを
作らねば。

犬と言うのは
捨てられても
災害で仕方なく飼い主と
別れることになっても

もとの生活には戻ることができない。
そんなこと理解できるはずもない。

ここから始まる第一歩、
この子達が不安にならぬように
心身ともにケアをすること。

それが私たちがやるべきこと。

シェルター到着からしばらくして
散歩に行きガス抜きして
ケージに戻りご飯を完食。

それを見届け
待機してくれていた仲間と
コンビニのおにぎりで夕食。

撤収22時を回り
静かになったことを確認して
シェルターを出ました。

白い子は天真爛漫
トライカラーは忍耐があり
置かれた状況に素直に身を任すタイプ。
2頭とも本当に可愛い子達です。

幸せへと繋ぎますよ!
この子達を!
はちボラのみなさん、
お任せくださいね。

託してくださり
ありがとうございました。