今日は雨と雷
晴れかと思えばまた、雷の市川です。


さてさて、
ランビーが帰ってきました。

保護時より見えていた「咬み」
それでもトレーニング継続しながら
一旦は譲渡となりましたが、

簡単な問題ではなく
里親様も体にも心にも
大きな傷を負ってしまいました。

頑張って下さっていましたが
危険と判断し
返していただくことにしました。

その場から離すことも
危険回避のため致し方ない場合もあります。

ランビーの「咬み」の様子は
私は経験していたため
どの程度か理解できました。

20200609_191833

ランビーのことを
石田愛犬訓練所の石田先生に
ご相談し、訓練をお願いすることに
しました。

ランビーの心もリセットするためにも
このような期間は必要だと考えています。



20200607_141835

ランビーが私の子になるのなら
咬まれないように世話をすることは
できます。

ですが、若いランビー。
里親さんをやはり見つけてあげたい。

20200607_140733

私ができるなら
他の人もできること。

20200607_140738

今、一からランビーと
学んでいます。

20200723_224233

愛玩犬として
可愛がるだけでは
飼えない子もいます。

20200712_120518

一緒に暮らすなら
管理、指示のもとに暮らさなければ
いけない犬もいます。
20200712_120434

飢餓状態で保護し
愛護センターでも職員さんから
怯えて歯が出るので
譲渡はどうかと…

会いに行ったランビーは
狭いケージに座り
上目使いにこちらを見ていました。

20200712_114602

そこから出す一瞬が
この子の命を左右するのかと
思った時、リードをかける失敗は
絶対にしてはいけない、そう思いました。

リードをかけ損じ
手を出したら間違いなく
咬んでくる、目を見た瞬間
わかったから。

20200712_114023

ケージから出てきたと同時にスリップをかけ
すぐに外へと、ルンルンしながら
出たら、嬉しそうに尻尾をふりました。


20200723_224352

希望が見える。
光が見える。


頑張ってみたい。
  この子と一緒に。




ランビーの訓練状況またご報告します。
どんな時に「咬み」が出るのか
お伝えしたいと思います。


私たちがお世話になっている
石田愛犬訓練所
見学は連絡を事前にしていれば
犬舎まで見せてくださいます。

月に一度の面会日も
訓練所に犬を預けるか迷われている方も
見学可能です。