今晩は、ボンです。
病気の子が増え、お世話のリズムが整わないところに
訓練所に預けていたバックスの不調。
毎日のお世話時間が大きく変わり
まだ、ペースが掴めず・・・。

さて、
浮腫みが引き、自力歩行できるまでに回復したはち君。
高齢犬とは言え、自己治癒力はあり
褥瘡も表面の皮膚が被されば治るところまで来ました。

浮腫みが出始めた当初↓

1594683525271
1594683533471

まだそんなに痩せていなかった時

1594683554333

血糖値は下が350以上あり
まだ落ち着いてはいませんが
食欲は出てきています。

背中の赤い点はインスリンを同じ場所に打たないようにする目印です。

体重5キロ減りかなり痩せてしまいました。
20200723_223955
20200720_180918






20200720_180825

褥瘡ケアも状態とできた場所によって
ケアが変わります。
次の世話係に申し送ることも
大切になるため、細かくチェックし
連絡を取り次の人にバトンを渡します。


20200723_224050
20200720_180556

この日、褥瘡に着けたパッドを外す際
痛みがないものをとメンバーが持参し
試そうと相談をしていました。

20200723_224109


出来上がりがこちら
1595521337923

動画付きで申し送りあり。
伸縮性のある包帯は、巻き方によって
血を止めてしまうため、使う人によるので
しっかり申し送りします。

はち君が楽しいお散歩できるまでに
回復してくれることだけを考えて頑張ります。



セッター、オーカー君は元気一杯!
誰とでも楽しくお散歩します。
おしっぽの毛が更に見事になりました。

20200721_162559


お散歩してご飯を食べて
僕のお仕事が終わります(笑)
20200721_162627


そして、一時は持ち上がらないと思った
バックスは驚異の復活!

動かなかった左足を
温めてマッサージして刺激して。

20200712_214936

立ち上がっても倒れていたのに
短い距離は歩けるまでになりました。
リードを吊り上げると小走りもできますが
止まれないので突っ込んでいきます。

20200718_101833

外に出たら
帰りに回りだして、尻尾を狙い始め
治まるまでに時間がかかりました。

20200723_223758

平衡感覚は戻っておらず
足もナックリングが強く
頭を打ち付けてしまうため
気を付けていきます。

シニア、病気いろいろありますが
楽しい生活になるよう
ボラ一同頑張ります!


保護犬達のために
皆様、ご支援をありがとうございます。
また、ご報告いたします。