GUNDOG RESCUE CACI 活動ブログ

ガンドッグレスキューシーエーシーアイ

2019年03月

昨日に続き
ポインター
かのんちゃんのお話


今日は星野貴大先生の
レッスン日。

猟犬rescueとして
CACI が再出発してから
ずっと見守り
側でボラを支え
指導してくださる
優しくて 頼もしい先生。

先日のかのんちゃんが
咬んだ原因を探るべく
もっとシェルターで
リラックスできるよう
教えていただきました。


かのんちゃんは
シェルターの中を
自由に歩けないほど
緊張しており
散歩で使う、
ハーフチェーンも
怖い。
20190331_154953
20190331_153932



柔らかい素材のものも
ありますが、今日は
このまま、ハーフで
お勉強。


こちらから
ハーフを入れようとせず
自ら入れにくるよう。

20190331_153930

スタートして
わずかな時間で
ほぼマスター😍⤴️⤴️


イメージしながら
実践するも
体より 先に口が動く私😱❕

十数年前までは
かなり動けたのに
口ばかり達者で
困りますね😅


大収穫な1日でした!

やはり、 
星野先生はすごい!
それに、楽しい!

犬だけでなく
私たちも。

ハーフを
首にかけるときの
コマンドを
決めることになり

あまり使わない言葉は?


あ・た・ま になりました!

あたまと言えば
ハーフに首をいれる。

よーし!
定着させて
皆様に
御披露目しますね😉

またひとつ、苦手なものを
克服できるね、
かのんちゃん🤗

20190331_155020
20190331_151956

ポインターかのんが
ボラさんを
咬んでしまいました。


咬んだ理由
自分のケージないに
食べ終わった器があり
それを 取るために
目の前のかのん専用の
トイレ場所に
移動しようとした
目の前のボラさんを
振り切り 
近づいてきた
もう一人のボラさんの
腕を咬み、
見ていた
リーダーさんが
咬まれる覚悟で
かのんの首輪を
掴み、ケージへ
戻す際、咬まれた…

興奮していたので
リーダーの手ともわからず
はっ!として止めた時には
遅し。

怪我は軽くすんだようです。良かった。



かのんは
よく人を見ており
散歩に行った事がない人
自分に対して恐怖心を持ってる人
自分の事が好きでない人
隙がある人を
見分けています。

とても賢くて
頭がよい。


保護当初は
かのん専用トイレは
人も使うトイレ。

段ボールをこじ開け
トイレットペーパーを
咥え、取ろうとすると
怒る💢

かなり、やってくれました。

が、私の飼い犬なら
どうするか?

考えに考え抜き
毎日散歩に行き
コミュニケーションをとり
目の前にペーパーを置き
咥えそうになる前に
叱り言葉


それを繰り返していたら
やらなくなりました。

でも、私がいないときは
また、咥えてはなさない。


これは、フードボウルも
同じ、おもちゃも
同じ。

沢山のボラさんがいれば
関わりかたも違い
かのんにしてみたら

飼い主がいないも同然。


シェルターとは
時に色々な人に
関わることで
一人に固執せず

どんなおうちでも
受け入れてもらえる
子になる。

かのんのように
一貫して世話が
できていない場合は
このような問題も起き
また、ボラリーダーたちで
統一することを
確認しあい実行する。

一度、このようになると
立て続けにおこるので
注意をしないといけない

今回は人の
不注意で犬は
悪くないが…

ダメだよね、牙は。
かのん、だめなんだよ。

とても、良い子だけど
新しいお家に行ったとき
必ず、試すんだろうと思う。

そうならぬように
また、明日から
トレーニングし直し。

明日は星野先生の
レッスンに久しぶりに
参加するので
しっかり、学んでこよう。

かのんの里親さんは
アクティブな人で
子供がいないおうちが理想。
一人暮らしのかたで
自宅でお仕事してる人
いないかな?
お留守番があっても
大丈夫!

最初のケージからだし
 首輪を着ける一瞬が
勝負とみた。

このたった1回クリア
できたら、こっちのもの!

人は好きなのに
人を選ぶ。

かのんに
選ばれてみたいものです。

さぁ!
頑張りましょう!PhotoGrid_1553958244005

作年末 保護したランビー。

骨と皮だった体


ほら、立派に
なったでしょ

下痢続きで
なかなか身にならなかったけど

今は、立派な💩になり
今日の体重測定は
20190328_184541
ずいぶん増えました。


先生の予想は
23キロあっても良い位
とのこと。
20190328_184255


普段はとっても
甘ったれで
穏やかです。

が、ひとたびおもちゃを
咥えたら豹変します。

ケージないに落ちた
フードの欠片さえも
取ることもてきません。

ご飯も一握りずつ
器に入れ
手に持った器から
あげています。

何にも問題なさそうで
こうして向き合うと
一つ一つの問題が
出てきます。


その度に
すべてのトレーニングを
見直しながら
行います。

牙を剥くことも
唸ることも
あります。

問題がおきた行動を
なおしていくには
スポットでトレーニングは
できません。

例え 今の瞬間
止めさせられても
根本解決には
ならない。

ランビーは
社会性を身に付け始め
少しずつ 学んでいます。

無邪気に
高い所に乗り

乗るとご褒美を
下さいと
愛らしい顔で
見つめてきます。
20190328_185003
20190328_185001


教えなきゃ
学べるはずは
ないですよね。


時間も根気も注意力も
必要だからこそ
何頭も何頭も見られない。

譲渡できる子
譲渡に向かない子も
存在する。


世の中に
どれ程の人が
咬まれる恐怖がありながら
保護犬にお金をかけて
トレーニングや
訓練をいれてくれる
でしょうか。

そういう方が
沢山いたら
捨てられる子だって
減ってるはずだし
問題がある子だって
みんな、里親さんが
見つかってるでしょう。


愛護センターから
保護犬を家族に
迎えていただくには


その犬を知った上で
譲渡へと繋ぐ
ボランティア自身が
その子との暮らしができ
何が起きても
対応できていなければ
譲渡するべきでは
ないと思います。

自分が出来ないことを
里親に求めないこと。

それは、
沢山の散歩ができないとか
そういうことではなく

問題なく安全に
暮らすこと
問題があれば
回避方法を
知っていること。

毎日の世話のなかで
不安要素があれば
後回しにせず
プロに相談すること。

東日本大震災のような
事が起きたら
生かすだけのシェルターで
保護されている子は
かなり危険な存在に
なりうる。


犬は勝手に
生かすものではなく

必ず人の管理のもとで
生きていくもの。


どんな子であっても
餌だけ与え
生かすものではない。

だからこそ
毎日の積み重ね。

全ては
犬たちのため

そして
愛護センターから
迎える子は
問題があるから
愛護センターにいるという
へんな誤解を
させないために
私たちが頑張らないと
行けませんね。


確実な譲渡を目指すと
救える頭数は減ります。

これからの未来に
それぞれの分野において
保護犬たちが
愛護センターで
教育をうけられたら
いいと思うのです。

そこまで行くには
簡単ではないけれど
実現するには
どうしたらいいかを
考えています。

ボランティア団体の
崩壊や虐待を
防ぐためにも
県が運営する
譲渡センターが
確立され
そこに、エキスパートが
集まったらいいかもしれない。


夢はとめどなく…


ランビーも
私たちも
まだまだ成長途中
勉強途中…


がんばろう!

https://youtu.be/K6yuyliLTYo


これは2月
お天気のよい日
久しぶりにはち君と
お散歩した時の
動画です。

よくわかりますよね?
動けば人の方に
付いてくる😃

市川は
よいお天気が続いています。

この数日で
桜も満開になりそうです。

去年は、黒ポイだい君と
🌸をしたので
今年ははち君と
楽しみたいと思います。

🌟はちの得意技
お手とおかわり&両方同時のお手

🌟苦手なこと
手足を拭かれること😅

DSC00596_convert_20170829201510


できるなら
相手は私たちでなく
家族になってくださる
方とはち君が
歩いてくれたら…。

はちに桜咲きますように。

面会申し込みは
こちらから⬇️
https://centro387.sakura.ne.jp/Foster/SatoForm.html

『カノンと一緒に楽しく歩くこと』を目標に、
昨年11月からはじめたカノンとの遠出。

初日、はじめての場所での聞く音や潮風、
初めてだったかもしれない足の裏で感じる砂浜の感触など
環境からの刺激を処理するのに一生懸命だったカノン。

遠出の日を重ねるごとに、体験をインプットして処理能力が上がってきたね。
1時間過ごすのが精一杯で、駐車場の車に向かった急ぎ帰ることがなくなり
車のハッチをあけても「もっと歩こうよ!」の余裕(乗車拒否♪)

IMG_1822

IMG_1823


 犬たちは、すごいです。

私たちが信じて、少しの時間と余裕をもって向き合うだけで
色んなことを感じ取り、学び、成長してくれる。

カノンは、もともと人が大好きで、超が付く甘えんぼ。
安心できる環境では、へそ天でおなかを撫でてもらいたい仔です。

前回のお散歩で、体を横たえて休むことができるようになったカノンをみて
お外でもへそ天でごろすりできたらなぁと思っていました。

IMG_9952
《1月 フセをして休むようになったカノン》

IMG_1586
《3月はじめ はじめて会った人に撫でてもらい嬉しそうなカノン》

10回目記念の今日、体を横たえて休むカノンの身体を撫でていると
『ころん、、』
へそ天でお鼻をならしてくれているではないですか!!

嬉しすぎて写真撮るのを忘れてしまいましたが(大失敗)
お外で寛ぐことができるようになったカノンの春。
家族との出会いに向けて、一歩一歩進んでゆくカノンを頼もしく思う
お散歩隊のNoahでした。

【カノンの過去のブログは、こちらよりご覧ください】
http://gundogtiba.blog21.fc2.com/blog-category-255.html

【カノンの里親をご希望の方は、下記フォームよりお問合せください】
https://centro387.sakura.ne.jp/Foster/SatoForm.html

初めてはちと出会ったのは
千葉県の某保健所からの
協力要請で向かった現場。
2016年5月の事。
⬇️過去記事はこちら。

可愛い顔
スレンダーで
美しく

一目でここのボスだと
わかった。

従順でありながら
表にでない強さ。

初対面の人にも
全く問題なく
接する事ができる。

若い頃は
飼い主の横を陣取り
他の犬を寄せ付けない
ほどのオーラを
出しまくっていたのでは?


保護したときから
数年がたち

はちのきれいな
オレンジの色も
薄れてきたが

持ち前の明るさ
優しさ
お子ちゃまのような
あどけなさ は

きっと最後の日が来るまで
変わらないんだろうな。


家族の一員として
当たり前のように
隣にはちがいたら
どんなに  
素晴らしいんだろう。

と、いつも思う。

「行くよ!」と

声をかけ

車のドアを開け
はちが飛び乗り

河川敷に散歩なんて
いいな❤️

すぐにでも
楽しく暮らせそうなはち。

トライアルしてくださる方
シェルターに会いに
いらしてくださいね。
20190204_101258

20190204_101253

20190204_100942

お申し込みはこちら⬇️

いつもいく公園は
お花ボランティアさんの
おかげで、
季節のお花が
色とりどり 咲いています。

菜の花咲き乱れる
間をらんちゃんと
お散歩。


らんちゃんは
花よりささみですが💦


フィラリア強陽性。
一昨日の検査で
泳いでいました。

保護時より
皮膚のトラブルが多く
ここに来て

耳のマラセチアが拡がり
痒いことに なって
しまいました。

老犬になると
ホルモンのバランスや
いろいろな疾患が
でるもの。

人も同じ。

自分では、
走ってるつもりの
らんと
走ってるつもりの私。

よいコンビだと
思います😁


20190325_17161720190325_171924

千葉県で起きた
多頭崩壊。
アルマさんから
3月12日にやって来た
姫ちゃん親子。

我が家受け入れ3頭+1
夜な夜な大合唱で
みんな下痢。

水下痢大噴射が続き
アルマさんで
すぐに病院にいき
薬を飲ませて 
くれていたので

けん君とのあ君は
すぐに良くなり

姫ちゃんだけは
授乳中なので
薬も選び

本日ようやく
下痢から解放され
姫ちゃんも
楽になりました。

本当に良かった❗

さんぴんちゃんへと
メモと一緒に
子犬用のミルク、フードを
ご支援くださった
A様、 
ありがとうございました😃

来月の4日で
1ヶ月になる
りぼんちゃん。

あーっと言う間に
大きくなってしまいますね。

大切に育てますね。
おっぱい、ちゃんと
出るようになりました。

ひと安心です😄
20190324_231701
20190324_231645
20190324_231501
20190324_231438
20190324_231357
20190324_231454

↑このページのトップヘ