GUNDOG RESCUE CACI活動ブログ

ガンドッグレスキューシーエーシーアイ

20200124063948_IMG_3208


English page:GUNDOG RESCUE CACI


https://readyfor.jp/projects/GUNDOG-RESCUE/announcements/124078
Gundog
The job of Gundogs is to inform hunters where birds are and let them fly (flush). The name “Gundog” is originated from the fact that guns are used for bird hunting.
Gundogs are categorized by their roles.

Setter “Sets” in a prone position to signal when encountering birds.

Pointer points at the target with its forefoot and tells the owner the "Point" of the game birds.

Gundog - working as a hunter’s partner.
Many Gundogs are brought to animal protection centers for reasons such as "too old for hunting" , "injured", "unfit for hunting", "the expensive breeding cost during the off season for hunting", etc...

Also, when hunters are relying solely on the instinct of Gundogs without properly training them, the dogs  often escape during hunting, resulting that a large number of Gundogs whose owners cannot be identified (without microchips or stray cards) are housed in animal protection centers. If the owners do not come to pick up such Gundogs, they will be euthanized.
 
Gundog, with strong loyalty, keeps waiting for his owner
 
Gundogs raised in Japan often lack sociability since their childhood, making it more difficult to rescue them when they get lost. They can even die from weakness even if discovered. Gundogs are so faithful to their owners that they can listen only to their owners and follow their instructions when hunting.
 
Since it is extremely difficult to train such Gundogs as family dogs, only a few organizations are currently providing services to protect Gundogs. Among them, GUNDOG RESCUE CACI is operating as “an organization specializing in Gundog protection”.
 
This year, the expenses have finally exceeded our capacity to pay and there is no other funding available to cover them. The accumulated debt has reached close to $ 55,000.
 
Still, our hope to “save as many Gundogs’ lives as possible” remains the same and thus, we launched this fundraising project.

 
Gundog abandoned by his believing owner
Thank you for visiting our page. My name is Rie Kaneko, Representative of GUNDOG RESCUE CACI (Companion Animal Club Ichikawa). We have set up a shelter in Ichikawa City, Chiba Prefecture to mainly rescue Gundogs including Setters and Pointers and been engaged in activities to connect rescued Gundogs with new families.
 
Our dog protection activities began with the rescue from an animal hoarding case, which we accidentally  witnessed along Shiohama Seawall in Ichikawa City. In 1993, we launched a voluntary organization named Companion Animal Club Ichikawa (CACI) and have devoted ourselves to protecting dogs regardless of their breed. One of the problems we have faced through our activities, specific to the area we live, is that the number of Gundogs captured in Chiba Prefecture, our activity base, is much higher than those in other prefectures. Gundogs are often considered to be unsuitable for family dogs and only a few protection groups are available to rescue Gundogs. Accordingly, the final days of Gundogs are sad. In many cases, Gundogs will not be adopted and end up culled at the animal protection center. Too many times, we actually had to farewell to such dogs there. 

 
▼This hunter raised a lost dog as his own dog for half a year, but brought it to a protection center just because the dog bit his neighbor. Once dogs are brought to the center, they will be euthanized on the next day. The original owner may have been desperately searching for the dog.
The Pointer—is now being taken into the center waging his tail happily without knowing anything..

 
Facing this situation, we realized that to reduce the number of dogs to be euthanized, we need to take the initiative in protecting dogs that have little chance of being helped preferentially, and more importantly, to ensure that no more Gundog is thrown away. Nothing will change without making the world aware of current situation and asking the owners for their responsibility to take care of their dogs. We, therefore, decided to change our focus and established GUNDOG RESCUE CACI, a conservation organization specializing in Gundogs in 2018. It has already been 30 years since we first involved in a dog rescue operation. Currently, about 40 volunteers are working with us.

 
Performance
▶As of February 2020, 23 dogs are in our care (17 in our shelter, 1 in volunteer foster care and 5 in the care of other partner organizations).. 
 
.▶ ︎Total number of rescued dogs: 1,090 (some dogs died in care.)
 
▶ ︎Number of adoptions: 1,050
As a "member of the family", not a "tool", we want to help rescued dogs lead a fulfilling life. We sincerely hope so.

​Things necessary to help Gundogs be family dogs
Primary characteristics of Gundogs are friendly, gentle and affectionate. In the United States and Europe, a lifestyle where Gundogs are living as a member of the family under the same roof is very common. In such an environment, Gundogs can naturally develop enough sociability to friendly interact with not only with their owners but also other family members and people outside. Therefore, they have been widely loved as companion animals in those countries.

However, in Japan, the majority of Gundogs lacks sociability because they are mainly raised separately from the human living environment but in outdoor cages. Some dogs bark at everything that moves and some even can't walk on the road not knowing how to walk on a leash. Gundogs trained for hunting will never lose their instincts as Gundogs until they die. Not all rescued Gundogs are problematic. However, in order to become a family dog from a Gundog, which grew up running around in the field and mountains and were trained to respond quickly to moving objects, a training to control their instinctive behaviors is necessary.
 
Retraining
To make such a Gundog be a family dog, retraining is indispensablel. However, it is extremely difficult for a Gundog to be able to interact with various people as a family dog rather than to live only for one owner. In addition, a lot of daily exercises are essential for gundogs, For these reasons, not many families are willing to accept them.

Nevertheless, we have proven that Gundogs can live as an adorable family dog with proper retraining.

 
Medical bills
Abandoned Gundogs are rarely found in good health. At the time of rescue, majorities are in miserable conditions such as suffering from filariasis, being thin for malnutrition, and having their fur lost and tangled. So many female dogs were already suffering from mammary-gland tumors and pyometra when rescued.  No matter how many times we see their pitiful appearance, it always breaks our hearts.

As a minimum requirement to introduce a dog to a new home, we need to perform a full health check of the dog, which include costly spraying, neutering and various vaccinations. Occasionally, large expenses can be incurred, such as an unexpected major surgery and a long-term medication.

The average medical cost from rescue to transfer to a new family is $1,400 per a dog which averaged including cost for dogs who did not require any medical treatment at the time of rescue. We cannot ask the new family to cover all the medical expenses.
"Upon adoption, we will charge you a total cost of $ 1,800 for the dog’s medical treatment." Making such a request will limit the future of protected dogs who have been treated and finally recovered. With the hope that both healthy and unhealthy dogs will be happy, GUNDOG RESCUE CACI asks the adopting family to cover only a minimum amount which includes the cost for spraying or neutering. Other costs are covered by our activity funds. Further, medical costs are unpredictable and can inevitably be a factor in tightening funds for our activities.
 
And now, our activity funds is about to run out. . In such a state, our activity could stop at any time. In fact, the activities of GUNDOG RESCUE CACI cost about $ 82,000 annually.

Gundogs are a type of dogs that serves humans like guide dogs and rescue dogs. We want to promise Gundogs a new and fulfilling future.
 
We have a dream that our society will one day be a place where no Gundogs will be abandoned. However, in the present situation, where we heavily rely on volunteers to perform rescue activities, we have limits in financial and human resources, which eventually limit what we can do for Gundog relief. We want to think over a system of how to deal with this GUNDOG abandonment problem in our society. For the future of Gundogs, we will conduct enlightenment activities in cooperation with government agencies, hunting related organizations and other protection organizations. In addition, we want expand the scope of our activities one step further not only “to rescue abandoned Gundogs”, but also “to help Gundog owners who are thinking about giving up their dogs”.

I retired from hunting due to old age.

We can no longer use my Gundog for hunting.

Breeding a gundog is much harder than I expected..

For such reasons, many gundogs were abandoned. In the future, we want to establish a "window" to provide consultation services for Gundog owners before their “abandoning acts”.  We want to make this activity known to as many people as possible, and go one step forward to realize a society where each Gundog can complete a fulfilled life. Please be a supporter of GUNDOG RESCUE CACI and share this information with many people.

Former rescued dogs who became beautiful family dog



皆様、クラウドファンディングの
ご協力ありがとうございます。

第3ゴールに近づけるよう
応援、ご支援をよろしくお願いいたします!


さて、今日はシェルターの
お散歩当番。

オーカ-と一緒に
行って来ましたよ。


私が止まれば
オーカーも止まる😃

BeautyPlus_20200213233519634_save


自撮りも簡単に撮れちゃいました。
BeautyPlus_20200213233458619_save


くっついているのが大好き❤️

BeautyPlus_20200213233436200_save

とっても穏やかで
本当に可愛い子です。

立ち止まると時折
おやつをおねだり。

20200213_164143

こんな風に見てきます。
小さな欠片のおやつでも
とっても嬉しそうに食べます。

20200213_164206


オーカーは鳥の鳴き声に
反応し

頭の上を飛ぶ鳥も
よく見ています。

見ているだけで
引いてはいきません。

20200213_164755

鳥の鳴き声が聞こえると
尾がどんどん立ってきます。

あーセッターだなーと
久しぶりに思いました。


昨日、全猟にお伺いさせていただき
犬の繁殖 血統についても
お聞かせくださいました。

良い血統を継承し
   守っていくこと。


これは、本当に大切な事だと思います。



20200213_164453

私たちの立場は
血統にかかわらず、そこに
鳥猟犬らしき犬がいれば
保護をします。
個人の乱繁殖で耳の聞こえない子や
遺伝疾患で苦しむ子も
沢山います。

個人の浅はかな考えで
繁殖した結果
障害を持ち生まれ
あげく捨てられてしまう。

その事も懸念されておられました。

全猟が担う役割の中には
可哀想な鳥猟犬を作らないよう
「健全な繁殖」もあるのだと感じました。

色素が薄い犬は
昔から近親交配だと
言われています。

人が故意に行う繁殖には
それなりの知識と愛情、責任が必要です。

オーカーと歩きながら
この素晴らしい鳥猟犬たちが
望まれて生まれ
そして大切に育ててくださる方と
共に生きていけるような
世の中になってほしいと
心から思いました。

BeautyPlus_20200214002329521_save



今日は、面会に来られた方もいらして
お散歩体験と食事をあげることも
体験していただきました。

私たちの譲渡は
ネットでやりとりして
お渡しすることはありません。

私たちが飼い主を決める以前に
飼いたいと思う人が本気ならば、
何度でもここに来て、その犬と
向き合ってほしいと思っています。

ここに来たらお客様扱いは
いたしません😁

なぜか「仲間」になってしまう。

明るくて楽しくて
居心地のいいシェルター。

そう思っていただけたら
嬉しいです。

お手伝いくださって
ありがとうございました💖
20200213_171642



鳥猟犬が続々と収容されています。
当会に他団体からの協力要請も来ています。

保護するスペースは確保できても
資金不足では先が続きません。

どうか皆様の応援を
重ねてお願い申し上げます。


3月末まで挑戦します!
チラシもございます!

チラシのURLをブログ下に記載しております。

プロジェクトにご賛同いただき、
チラシを配布していただける方(店舗への設置など含む)は、
印刷してご使用いただけますと助かります。

皆さまのご支援・応援、よろしくお願いいたします!


《オモテ》
CACI_CF_next


《ウラ》
CACI_CF_back_jpeg


A4サイズの チラシURL はこちらです。↓


クラウドファンディング_チラシ_A4サイズ(カラー)(PDF


クラウドファンディング_チラシ_A4サイズ(モノクロ)(PDF





本日お散歩に行くと、
こちらの方からクレームが入りました。😅

IMG_2470

そう、はちくんです。

​ボク、最近出番少なくない?

そう言われれば、はちくんの記事は
去年の10月以来・・💦
決して決して、
ないがしろにしていた訳ではないのですが、
インパクトの強い新入りさんやら、
クオちゃんの目のことやら、
クラウドファンディングのことやらで、
大人しくて手のかからないはちくんは、
登場する機会が減っていたのですね。

というわけで、はちくんファンの皆様、
お待たせしました!😃
CACIのNo.1ベビーフェイスを誇るはちくんの
今日の姿をたっぷりとご覧ください!👇

ちょっとご機嫌斜めにつき、
笑顔😊は撮れませんでしたが・・

FullSizeRender 

FullSizeRender

IMG_2468

IMG_2463

IMG_2453

FullSizeRender

FullSizeRender 

FullSizeRender

シニアの域に入っておりますが、
まだまだ若い者には負けません。
黒いコートが似合う、
優しさと強さを兼ね備えたオトナの男、
はちくん里親様募集中です!

🐒プロフィール🐒
ポインター
オス
去勢済み
マイクロチップ済み
ワクチン済み
狂犬病済み

小型犬、猫はNG
室内でちゃんと
暮らせます。
トイレは外です。
毛布は厚いのが好きです。
言葉をよく理解しています。
お散歩楽チン組


🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

沢山の皆様のご支援のお陰で
クラウドファンディングは
第3ゴールを目指し挑戦しています。


皆様本当にありがとうございます。
皆様への恩返しは
活動を通しさせていただくことが
一番の誠意であると思っています。

これからも猟犬を助けたい
そしてそこからぶれず
この想いのまま
真っ直ぐに進んで参ります。

私たちの挑戦最後の日まで
どうか応援くださいますよう
心からお願い申し上げます。

GUNDOG RESCUE CACI
代表 金子理絵

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

クラウドファンディングのチラシが完成しました!

チラシのURLをブログ下に記載しております。

プロジェクトにご賛同いただき、
チラシを配布していただける方(店舗への設置など含む)は、
印刷してご使用いただけますと助かります。

皆さまのご支援・応援、よろしくお願いいたします!


《オモテ》
CACI_CF_next


《ウラ》
CACI_CF_back_jpeg


A4サイズの チラシURL はこちらです。↓


クラウドファンディング_チラシ_A4サイズ(カラー)(PDF


クラウドファンディング_チラシ_A4サイズ(モノクロ)(PDF



またまたイベントのお知らせです!

第2回を迎えました、ふなっこわんにゃんマルシェに今回も参加させて頂くことになりました。

日時 : 2月15日(土) 9:30~13:00

場所 : ふなっこ畑(千葉県船橋市行田3-7-1)

 

開催場所がJAさんの直売所のすぐ前ですので、新鮮なお野菜などが買えますよ。

また、ブースは屋根の下なので、お天気が悪くても開催されますし、無料の駐車場も100台完備されています!

ワンちゃん連れの皆様、会場に行かないという選択肢はなさそうですよー。

代表の金子が皆様をお待ちしています。開催時間が短いので、お早めにいらして下さいね。

 

※ご来場下さる皆様にお願いです。ペットグッズ、タオル、洗剤、キッチン用品、雑貨などの新品、美品を2~3品で構いませんので、ご持参下さいませんか?大きい物は車に乗らないので、頂くことができません。

~追記~
ご支援者と里親様がこんな素敵な品をフリマにどうぞと送って下さいましたよ。

素敵なストラップ付ポーチ!

IMG_7555

北杜市のスーパーや道の駅でも販売されている人気のジャム
IMG_E7353

↑どちらも、ふなっこわんにゃんマルシェのみでの販売となります。

84585609_136224434526602_6259629321674031104_o



マロ応援隊長の祈りが天に届いたようで、昨日のフリマは、大盛況のうちに終了しました。

 

さてさて気になる売上げは…¥90,040(ご寄付含む)でした!

※募金以外のご寄付金は、後日収支報告に上げさせていただきます。

 

実は丁度10年前にも駒沢に出没しておりまして、何だか懐かしいこの風景。物資を降ろすと同時にまたまた黒山の人だかりです。

85174789_2641940279371843_464129507628941312_n[1]

 

山積みだった物資もあっという間に無くなりました。

 IMG_7410


そんな中、当会の子達をはじめ、たくさんのワンちゃんとご家族がご来場下さいましたよ。

 

可愛いポインターのミラちゃんとママ様

 1


「アニマルクリニック・ピュア」院長先生
content_61ff4c5ccbdcf96088505a8d0bc68d970b89041b


被り物をお買い上げ下さった可愛いお客様

 67

シニアのゴールデンちゃん、しっかり歩いていましたね。

 5.5



当会の里親様と一緒に来てくれた子たち(他の画像はこちら)


さくら、コルク、ビスク、ホーリー、リーシャ、ゾーイ、フィン、レモン、エルマー、アデル、ぐり子、ダルビッシュ、イマル、チャーリー、マーチ、たんたん、ケリー、ルカ(来場順、敬称略)

 9.5

14

14
時を過ぎると、他のブースはほとんど撤収、私達ボラの体の冷えも限界を迎え、やむなく撤収いたしました。ひめちゃん、ゴールデンちゃん、その後せっかく来て下さったのにすみません。会えなくて本当に残念でした。

 

寒い中お越し下さり、お買い上げ下さった皆様、募金をして下さった皆様、物資や差し入れを下さった皆様、ありがとうございました!

 

クラウドファンディングではありませんがとご寄付金をお届け下さった、えのもと様、ブースを撤収する際、新品の犬用品を下さったお母様とお嬢様、ありがとうございました!
ご支援物資2


そして最後になりますがニューリソーセスの代表様、色々とお世話になり、ありがとうございました!



そして今週15日(土)は、またまた、ふなっこわんにゃんマルシェがあります!
代表がまいりますので、ぜひぜひ応援にいらして下さい。お待ちしています。

昨日2月8日土曜日、浅草エリールさんにて


いぬだすけさん
Dog camp clubさん

との合同譲渡会が開催されました。

CACIでは初めての場所、合同譲渡会も初めての経験でしたが、皆様にお手伝いいただき、無事に終えることができました!


エリールさん外観とCACIのブース

IMG_2397


エリールさん店内とステキな輸入物犬グッズ

IMG_2424


参加犬は和系の中型が多いなか、CACIから参加したモロとマロ。ポインターもセッターも初めて見た、とおっしゃる方もいらして、鳥猟犬のことを知っていただくよい機会となりました。

また、〇〇さんのFBで譲渡会のことを知った、クラウドファンディングの記事を見た、と足を運んでくださった方々もおりました。CACIの記事をシェアしてくださった方々に心より御礼申し上げます。

お客様に愛想を振りまき、ナデナデしてもらうマロ
FullSizeRender

武蔵くんは、セレブマダム風代表のお膝で看板犬
FullSizeRender

午後からは、Scent Lineさんによる

北欧流ノーズワーク体験が行われ、保護犬全頭が参加させていただきましたよ。

近藤奈緒子先生の愛犬、やんばるちゃん

見事なデモンストレーションをしてくれました!

FullSizeRender


モロ

IMG_2427


マロ

IMG_2426

武蔵
IMG_2428

こちらも、保護犬たちには貴重な初体験となりました!
どんなワンコでもできるノーズワーク、シェルターでも続けていきたいですね。

保護犬たちに会いに来てくださった皆様、
投稿をシェアしてくださった方々、
エリールさん、いぬ助けさん、Dog camp clubさん、Scent Lineさん、
ありがとうございました❗️😊




CACIを応援して下さる皆様、ありがとうございます!


明日は、駒沢公園のフリーマーケットに出店し、

皆様から頂いた素敵な犬用品、タオル、雑貨などを出品いたします!

午前中からお昼にかけて、当会の里親様と愛犬たちが次々に応援に来てくれる予定です。

 

今回クラウドファンディングで当会を知って下さり、

「Gundogって、どんな子たち?」

と興味を持って下さった皆様、ぜひ会場にいらして、触れ合って、色々質問して下さい。

 

クラウドファンディングで応援したいけれど、やり方が難しい、分からない…という方もご来場下されば、説明させて頂きます。

 

多くの皆様のご来場、心よりお待ちしております!



場所:駒沢オリンピック公園(大階段付近)

電車 : 東急田園都市線駒沢大学駅から徒歩15分
バス : 渋谷駅から東急バス(田園調布行き)駒沢公園東口下車
        恵比寿駅から東急バス(用賀行き)駒沢公園下車



IMG_7385


☆明日、2月8日土曜日 11:30〜15:30
浅草エリール(台東区浅草4-5-3 2階会場)
にて、Dog camp clubさん、いぬだすけさんと合同で譲渡会開催いたします!
午後は保護犬たちの北欧流ノーズワーク体験もありますよ!

いぬだすけさん
Dog camp clubさん

Scent Lineさん

IMG_2374
IMG_2372
IMG_2373
新入りセッター、マロくんも参加予定です!
年齢3歳くらい
ガリガリですが検査はすべてクリア!

FullSizeRender
マロくん

ほかにもモロくん、武蔵くんが参加予定です!

IMG_6648
モロくん

20191225_012606
武蔵くん

皆様ぜひ保護犬たちに会いに来てくださいね😊
会場にてお待ちしてます!
(参加犬は当日の健康状態などにより変更する場合がございます。予めご了承ください)


☆2月9日 駒沢公園フリーマーケット
世田谷区駒沢公園1-1 駒沢公園 中央広場
(北側大階段上) 9:00 10:00〜15:00

5005
CACIのブースを出店
します!
お近くの方、ご予定のない方、ぜひお越しくださいね!
掘り出し物がある・・かも?

↑このページのトップヘ